高齢の犬との付き合い方、イヌと認知症の関係

高齢の犬との付き合い方、イヌと認知症の関係

犬 高齢 認知症

 

 

はじめに

医療が発達し、犬の平均寿命は年々伸びています。

 

犬 認知症

 

2019年の段階で、犬の平均寿命は14.4歳になりました。
高齢になってくると心臓病、ガン、腎不全など、いろいろな病気が出てきます。

 

いろいろな病気が心配になりますよね。
ただ、病気だけではなく別のことも心配しなければなりません。

 

それは 認知症 です。

 

高齢の犬の認知症の罹患率は非常に高く、15歳以上では半分以上の子で何らかの行動異常がでているとの報告があります。

 

認知症は高齢になれば、誰でもなる可能性があります。
このページで、認知症について学んでいきましょう。

 

高齢の犬との付き合い方

 

付き合い方

 

 

体の変化と対策

 

症状

認知症になると、どういった症状が出てくるのでしょうか?

 

認知症の治療はどうすればいいの?

 

認知症にサプリは有効?
--随時更新

 

認知症って治療薬はあるの?
--随時更新

高齢の犬との付き合い方、イヌと認知症の関係記事一覧

犬や猫は、7歳を過ぎるとシニアに入ります。人間はシニア世代になると、体が思うように動かなくなったり、白髪が出てきたりと、わかりやすい変化がでてきます。しかし、ワンちゃんやネコちゃんは7歳をすぎても元気に走り回ったり、よく食べます。また、白髪になるといった変化が出ない子もいますので、シニアに入っても変化がわからないことも多いです。でもみえていないところで確実に変化がでてきます。今回は、気づきにくい体...

高齢になると行動が変化する?犬や猫は高齢になると、以前は吠えなかった場面で吠えるようになったり、トイレの失敗が増えたりします。また、飼い主の指示に従わなかったり、家の中で迷ってしまう、夜中に起きてしまうことなどもあります。こういった行動の変化は、老化や認知症によっておこってきます。今回からは犬や猫の認知症特集です。犬猫の認知症って何?犬や猫も高齢になると様々な能力が低下します。認知機能刺激に対して...

はじめに前回特集をしたように、認知症になると様々な症状がでてきます。トイレを間違えたり、夜鳴きがふえてしまったり。年のせいであれば、ある程度はしょうがないです。しかし、ここでひとつ落とし穴があります。半年前からネコのおしっこが多くなってきたなぁ〜、と思っていました。ある時から、どんどん痩せていって元気もなくなっていきました。糖尿病と診断されました。もっとはやく気づいてあげられたら...。病気はどん...

今までの記事で挙げた通り、認知症になると、今までと行動が変化してしまいます。動きが鈍くなったり、食欲が減ったり。。。その中には、人間の生活に支障がでる場合もあります。例えば、こんな相談をよく受けます。今まで夜はいい子に寝ていたいたのに、突然急に吠えるようになっちゃったのよね〜。夜に寝られないし、近所迷惑になちゃうし、困っちゃうわ!いくらかわいいワンちゃんやネコちゃんでも、毎日続くと、疲れてしまいま...

何才から高齢?犬も猫も高齢になると、若いころとは体が変わっていきます。足腰が弱くなったり、体が若いころのようには動かなくなってきます。また、食事にも気を付ける必要があります。脂っこいもの、塩分、糖質が多いもの食べ続けてしまうと、体に負担がかかってきます。なので、高齢になると生活習慣を見直していかなければなりません。ではいつくらいから準備を初めていけば良いのでしょうか?平均寿命から考える医療技術の発...

TOPへ