忍びよるマダニの恐怖。ヒトやネコの命をうばうSFTSとは?

忍びよるマダニの恐怖。イヌやネコの命をうばうSFTSとは?

猫 マダニ SFTS

今回の記事はマダニの恐怖、特にSFTSについて解説する記事になります。
皆さんはダニについてどんなイメージを持っているでしょうか?

 

皮膚がかゆくなる?
アトピーの原因?
布団の中にいる?

 

もちろんそれらも間違いではないですが、もう少し深く見ていきましょう。
実は、とても恐ろしい病気が隠れているかもしれませんよ。

 

恐怖は突然に

ここで、マダニが関係している病気の例を一つ見てみましょう。
(こちらの話は実際の話を少し脚色したフィクションです。ただし、実際に起こる可能性は十分にある話です。)

Aさんの場合

猫 マダニ SFTS
Aさんは猫を飼っていて、その猫は毎日外へ遊びに行きます。
ある日、猫が外から帰ってくると元気がなく、ご飯も食べなくなってしまいました。

 

カゼかな。病院で診てもらおう。

病院で検査をしましたが、原因はわかりません。とりあえず点滴や注射のため入院となりました。
治療のかいなく、少しずつ猫は弱っていきました。

そして...3日後にその猫は亡くなってしまいました

 

あれだけ元気だったの? いったいどうして?

Aさんは悲しみにくれました。悲しみで、食事も喉を通りませんでした。

 

 

 

猫 マダニ SFTS
猫が亡くなって1週間が経ちました。

 

いつまでもくよくよしていられない

少しずつ気持ちの整理をつけ始め、ショックから立ち直り始めていました。

 

しかし、Aさんの食欲は回復しませんでした。
それどころか頭痛発熱が出始め、下痢や嘔吐まででるようになりました。

さすがにおかしいと思い、Aさんは病院を受診することにしました。
そして、Aさん自身も緊急入院することになったのです。

 

どうしてこうなった?

入院
どうしてAさんも緊急入院することになったのでしょうか?
実は、この猫とAさんは、全く同じ病気に感染していたのでした。

 

その病気の正体は、

SFTS(重症血小板減少症候群) と呼ばれる病気です。

 

 

SFTSとは?

SFTSとはどういった病気なのでしょうか?詳しくみていきましょう。

SFTSって何?

ウイルス
SFTSは2009年に中国で発見され、日本では2013年に初めて確認されました。
SFTSはウイルスが原因の病気で、マダニがこのウイルスを運んできます。

 

この病気はマダニを介して、ヒト、ネコ、イヌ、シカなど、多様な哺乳類が感染します。

 

2019年までの感染動物と感染者のグラフです。
マダニ予防
(出典:「SFTSの脅威と感染リスク、診断と予防、SFTSからスタッフを守るために必要な対策とは?」 EmVet主催特別セミナー 2019.08.20 横浜)
2019年に入り、人と猫の感染がどんどん増えていっています。

 

ネコに感染した場合

猫
最初は元気がなくなったり、食欲の減退が分かりやすい症状です。
進行すると黄疸などがでてきて、急激に衰弱していきます。

 

ネコは特に危険で、

発症から、数日以内に重篤化し、亡くなってしまうこともあります。

猫の死亡率は非常に高く、約60%と言われています。

 

ヒトに感染した場合

人 病気
ヒトに感染した場合は、かぜ様の症状(発熱、頭痛、吐き、下痢、筋肉痛)などから始まります。
進行すると、意識が朦朧としたり、免疫が落ちてしまうこともあります。

最悪の場合は亡くなってしまうケースもあります。

 

マダニ予防
(出典: 山口県感染症情報センター ホームページ
こちらは日本国内でのSFTSに感染した人と、亡くなってしまった人のグラフです。

 

ポイントとしては

  • 主に西日本で発生
  • 国内で多数亡くなっている
  • 特に60〜80代での発症が多い

になります。

 

関東にいれば大丈夫?

日本
現段階では西日本を中心に病気が広がっています。
しかし現状(2019年)、関東以東での、報告はありません。
では、関東より東にいる人たちは大丈夫なのでしょうか?

答えはNOです!

 

SFTSはシカやタヌキなど、野生動物に感染し、勢力が拡大傾向にあります。
関東の野生動物(シカ)の血液を調べると、

なんと37%がSFTS抗体が陽性

 

という結果が出てしまいました。
山口県では、50%を超えた辺りで最初の発症が確認されています。

つまり、関東でもいつ発生してもおかしくない状況なのです。

 

治療薬はあるの?

薬
SFTSに治療薬はあるのでしょうか?
残念ながら、現段階で有効な治療法は見つかっていません。
点滴をしたり、隔離したりといった、対症療法しかできないのが現状です。

 

ただしSFTSに感染するには

マダニに噛まれるか、感染動物に接触しなければなりません。
つまりマダニの対策をすることで、感染する確率はぐっと減ります。

 

ポイント
  • SFTSはウイルスで、マダニを介して感染する。
  • 多くの哺乳類が感染するが、特に猫と人で重症になりやすい
  • 西日本を中心に発生しているが、関東でも出る可能性がある
  • 有効な治療法は見つかっていない

 

 

SFTSの運び屋、マダニ

ここからは、マダニについてみていきましょう。

マダニとは?

 

マダニ

 

マダニは、とても大きいダニで、大きいものだと、3cmくらいにもなります。
マダニは皮膚に寄生して、噛みついて血を吸います。

一度しっかり噛みついてしまうと、固定されてしまい何日も皮膚に居続けます。

ながいものだと2〜3週間居続けることもあります。

 

マダニに噛まれるとどうなる?

血液 感染
血液の中にはいろいろな病気が混入している可能性があります。
マダニは血液を食べ物にしているので、当然それらの病気をもらってくることがあります。

 

病気に感染したマダニが、別の動物の血を吸うと、その動物も感染してしまいます。

このように、マダニがどんどん病気を広げていってしまうのです。

 

ポイント
  • マダニは大きいダニで、一度噛まれるとしばらく皮膚に残る
  • マダニはいろいろな動物を噛むことにより病気を広げる

 

 

SFTSを防ぐにはどうすれば良い?

では、SFTSを防ぐにはどうすればいいのでしょう?

感染経路から考えよう

SFTSに感染する経路は、

  1. マダニに噛まれる
  2. 感染動物に接触する

の二つになります。

つまり、人間や犬、猫がマダニとの接触を回避することが重要になります。

 

ヒトが噛まれない

マダニ 予防
ダニは、山間部や、草むらに生息する寄生虫です。
そこに進入する際は、長そでや長ズボンの着用が推奨されます。

 

ソデやスソを塞ぎ、マダニが服の中に入らないようにします。
虫よけスプレーも効果的です。
そして帰宅後はすぐにシャワーやお風呂に入りましょう。

万が一マダニに噛まれていたら、すぐに病院に行きましょう。

 

犬・猫が噛まれない

マダニ予防
犬・猫を守るには、予防薬を投与するのが、最も有効です。

 

月に1回、予防薬の投与を推奨します。
今は予防薬も多様ですので、どれにするかは近くの動物病院で相談してみるといいでしょう。

ちなみにドラックストアで売っているものは、効果が弱いことが多く、推奨されません。

 

ポイント
  • SFTSはマダニ予防をすることで防げる可能性がある
  • 人は長そで、長ズボンを履き、帰宅後はすぐにシャワーを浴びる
  • 人がマダニに寄生されたらすぐに病院へ
  • 犬や猫の予防は、きちんと予防薬を投与すること

 

まとめ

いかがだったでしょうか?感染症は普段見逃しがちですが、一度広がってしまうと中々止まらない怖い病気です。
つまり、病気を予防することがとても重要になります。

 

ぜひ、マダニも予防できる予防薬をしっかり投与するようにしましょう!

 

 

最後に、今回の記事のまとめを載せます。

  1. SFTSは感染すると亡くなる可能性がある怖い病気(特に猫と人)
  2. マダニが運び屋になるので、マダニ対策が重要
  3. 現段階で有効な治療法はないので、予防が重要
  4. 人は山に行くときは長そで長ズボンを履き、マダニに触れないようにする
  5. 犬や猫は毎月予防薬を投与する
TOPへ